五十肩を治す方法

しっかり五十肩を治したい!おすすめの医薬品を厳選

五十肩に効く薬はコレ!五十肩を治す方法特集ツライ五十肩の悩み・・・。もう、我慢するのはやめませんか。

 

当サイトでは、五十肩の症状に効く「コンドロイチン、ビタミンB群、ビタミンE、ドッカツ、葛根」などを配合した医薬品を紹介しています。

 

五十肩はもともと50代に多い肩の症状ですが、40代では四十肩と言います。

 

そして不思議と思われるかもしれませんが、20代や30代の若年層でも五十肩の症状を訴える方が増えています

 

若い人も、医薬品を試してみてはいかがでしょうか。

 

五十肩対策 効果的な薬 ランキング

グルコンEX錠プラス

五十肩に効く薬はコレ!五十肩を治す方法特集

おすすめポイント

当サイト一押しの医薬品がこちらのグルコンEX錠プラスです。コンドロイチンを配合したグルコンEX錠プラスでは、4種の有効成分を配合しています。


筋肉や神経の新陳代謝を促進するビタミンB1、サポート成分のビタミンB6、血行を促ししびれの症状に効くビタミンEを配合。3種の五十肩に効く成分が配合されていて、今ある痛みを抑えながら、肩の動きをなめらかにします。


価格 1,980円
成分 ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンE、コンドロイチン
服用方法 1日1回、2〜3錠

申込みはこちら

肩用ラックル

五十肩に効く薬はコレ!五十肩を治す方法特集


おすすめポイント

肩用ラックルは生薬成分を配合した医薬品です。比較的やさしい生薬成分が五十肩の不快な症状を緩和します。100%天然生薬で眠くなるような副作用もありません。


9種類の生薬がそれぞれ肩に働きかけます。肩のこわばりに効く葛根や鎮痛効果のあるドッカツなどを配合しています。


価格 1,480円
成分 葛根、ドッカツなど9種の生薬成分
服用方法 1日2回、1回1包

申込みはこちら

アリナミンEXプラス

五十肩に効く薬はコレ!五十肩を治す方法特集


おすすめポイント

アリナミンEXプラスは、吸収率の良いビタミンB1を配合しています。ビタミンB1は吸収されにくいビタミンの種類で、なおかつ不足することで神経痛を引き起こします


アリナミンEXプラスでは独自開発によるビタミンB1誘導体フルスルチアミンをはじめ、ビタミンB6やビタミンB12を配合し、肩こりやしびれを和らげて血行をよくします


価格 2,180円
成分 ビタミンB1誘導体フルスルチアミン、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンE
服用方法 1日2〜3錠

申込みはこちら

まずは正しい診断を

五十肩に効く薬はコレ!五十肩を治す方法特集毎日の生活の中で、肩は自然とよく使っています。高いところにある物をとるときや、腕を大きくぐるりと回すなど。

 

このような行動は、肩などの関節や筋が健康だからこそできる行動です。ところが、生きている間に何度も肩を使うことによって、だんだんと肩まわりにダメージが溜まりはじめます。

 

その結果、50代になると肩こりや痛みなどの症状があらわれはじめます。これを五十肩と言います。

 

肩こりや肩の痛みは若い人でも起こりますが、五十肩には特徴があります。それは、肩を動かしたときの「音」です。肩を動かしたときに「バキバキ」と異様な音が出てくるのが特徴的です。

 

なんとなく肩こりがあり50代と当てはまるだけで五十肩と診断されるわけではありません。まずは、自分の正確な状態を把握してください。専門医のもとで診察を受けた場合「肩関節周囲炎」というのが、五十肩です。

 

また、20代、30代、40代でも五十肩の症状が出ることがあります。40代の場合は、四十肩とも言います。

 

ちなみに、四十肩と五十肩には大きな違いはありません。どちらも肩関節周囲炎に当てはまるのみで、一般的な呼び名の違いから分かるように、年齢のみが異なります。

 

つまり、20代30代でも、肩関節周囲炎を引き起こすことはあります。歳をとったからだけが原因ではありません。ハードな肉体労働の人だけでなく、デスクワークなど長時間同じ姿勢が続く職業の人も注意してください。

五十肩の症状緩和に効く「ツボ」

五十肩に効く薬はコレ!五十肩を治す方法特集五十肩の症状緩和に効く「ツボ」

 

私たちの体には、さまざまなツボがあります。

 

その中に、五十肩に効くツボが存在します。そのツボを理解し、ツボを的確に指圧することによって、効果的に症状を緩和していくことができます。

 


五十肩に効果的なツボ

臑兪(ジュユ)
位置:肩甲骨になる肩峰突起の後下縁の凹んでいるところ。
肩井(ケンセイ)
位置:首の付け根と肩先の真ん中あたり。
天宗(テンソウ)
位置:肩甲骨の真ん中あたりにある凹んだ部分。
巨骨(ココツ)
位置:鎖骨と肩甲骨の間にある凹んでいる部分。
肩ぐう
位置:腕を水平にあげたときにできる胸側の凹み部分。
肩りょう
位置:腕を水平にあげたときにできる後の凹み部分。

 

このように、五十肩に効くツボはいくつかあります。ツボの指圧にはコツがあるため、専門医のもとで施術を受けることをおすすめします。

 

もちろん、自分で時々指圧するのも効果的です。その場合、力加減に気を付けてください。ツボの位置が分かりにくい場合は、ツボまわりをマッサージするように押すだけでも効果的です。

五十肩に効くストレッチ

五十肩に効く薬はコレ!五十肩を治す方法特集五十肩になると重怠くツライ症状が出てきます。

 

五十肩はフローズンショルダーとも呼ばれる状態で、肩関節が硬直していることが特徴的です。五十肩には、急性期・慢性期・急性炎症期といった段階があります。

 

五十肩の症状を和らげるためにストレッチや体操がおすすめですが、急性炎症期には向いていません。この時期にムリに肩を動かしてしまうと症状が悪化する恐れがあります。

 

安静にすることが最優先で、患部は冷やすようにしてください。慢性期の場合は反対に、温熱療法が効果的で、ストレッチもおすすめです。

 

急性期と慢性期におすすめのストレッチをご紹介します。

 

急性期におすすめのコマンド体操
腕をあげようとしても水平の状態より上にあがらないというときにおすすめの体操です。まず、机やテーブルなど高さのある家具で体を支え、五十肩のツラい方にダンベルなどの重いものを持ちます。そこから、ゆっくりと前後・左右に体を揺らします。動きがなめらかになってきたら、ふり幅を広げていきます。
慢性期におすすめのコニリー体操
腕が水平よりも上にあがる慢性期におすすめの体操です。まず、自分の肩より高い位置にあるタンスなどに手をかけて体を支え、ゆっくりと腰を落とします。

 

五十肩に効くストレッチ法はいくつかあります。自宅でできる簡単な体操なので調べて実践してみてください。

 

また、注意点としては炎症期など症状がツラいときにはムリは禁物です。

五十肩の治療法について

五十肩に効く薬はコレ!五十肩を治す方法特集病院で五十肩と診断されたら、どのような治療法があるのでしょうか。

 

肩こりや腰痛などの痛みがある場合、一般的に知られている治療法が「電気治療」ですよね。こりがツラい方は定期的に電気治療に通われるかと思います。

 

ただ、五十肩には電気治療は効果が期待できません。どのような痛みにも、電気治療が効くとは限りません。

 

電気治療は文字通り電気を流す治療法です。このとき流れた電流は「筋肉」に働きかける仕組みになっています。五十肩の場合は関節や腱、筋などが問題点ですので五十肩には電気療法はそれほど効果がありません

 

五十肩は段階があり、急性や慢性、急性炎症期といった段階があります。ですから、医師の診断のもと適切な治療を受けるようにしてください。

 

治療には時間もかかります。数ヶ月から1年ほどはかかるとみてください。間違った治療法は続けても効果は出ませんから、医師の指導のもとり治療を続けましょう。

五十肩に効く温泉

五十肩に効く薬はコレ!五十肩を治す方法特集昔から打ち身やケガなどに効くことで知られている温泉

 

体にもやさしく、リラックスもできるので温泉を利用される方も多いかと思います。

 

電気治療などは五十肩に効き目が期待できませんが、温泉療法はおすすめです。ただし、注意点があります。急性炎症期など、五十肩の症状で炎症を起こしている状態の場合には温泉はおすすめできません

 

炎症している患部は熱を持っているため、逆に炎症が広がって症状が悪化することがあります。五十肩になり始めがとくに炎症している時期ですので注意してください。炎症している時期は冷やすことが効果的な処置になります。

 

反対に炎症が落ち着いた慢性期は冷やすよりも温める方が症状を和らげることができます。そのため、慢性期の場合は温泉が効果的です。

 

適温の温泉にゆったり浸かることによって体の芯からポカポカに温まり、患部の症状も和らぎます。また、温泉によって効能には違いがあります。場所によっては五十肩に効く温泉もあります

▲TOP